シェリルとランカは一緒に歌う予定はなかった!ライオン誕生の舞台裏

シェリルとランカは別々の歌手です。

当たり前と言われるかもしれませんが、筆者はアニメを見たことがなく、「ライオン」の曲からマクロスFを知った人間なので、てっきり二人は、Winkみたいなデュオなのだと思っていました。

二人が一緒に初めて歌ったのは本編の15話です。病院で自然に歌い出した「What ‘bout my star」

実は、当初は二人はライバルなので一緒に歌う予定(設定)はなかったのです。

15話のデュエットシーンが生まれたのは、東京国際アニメフェアの舞台袖で、Mayn’さん(シェリルの歌役)と中島愛さん(ランカの声優)が練習しているのを、河森正治総監督が見ていたのがきっかけでした。

15話のデュエットシーンがとても良かったので、後期のオープニングの「ライオン」が誕生し、最終回や、劇場版のデュエットに発展していきました。

同時並行で制作が進んだからこその奇跡ですね。

病院シーンからの発展で生まれたからこそ、ライオンの歌詞で、あの名セリフ「生き残りたい」があるかについても想像できます。

参考:『EX大衆』2018年11月号のマクロスシリーズ生みの親の会社「ビッグウエスト」の平井伸一氏へのインタビューから。

関連記事

  1. 狂気しか感じない?魔法少女ランカの「虹いろ♡クマクマ」

  2. 「ギラギラサマー(^ω^)ノ 」完成秘話。なぜシェリルは映画「鳥の人」の主題歌をランカの「アイモ」に譲ったのか

  3. 元祖マクロスで思い浮かぶBGMといえば「ドッグ・ファイター」(羽田健太郎)

  4. 「娘々FINAL ATTACK フロンティア グレイテスト☆ヒッツ!」はどんな曲でできている?

  5. 瓦礫の中から生まれたシェリルの「オベリスク」(イツワリノウタヒメ)【動画あり】

  6. ランカのデビューミニアルバム「星間飛行」【動画あり】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。